ピアノの特徴

ピアノという楽器について

家にある大切なピアノは、とてもデリケートな楽器です。弾いていると音が変わってきたなとか、引いても音がでない鍵盤があると感じたことはありませんか。普段から清潔にしておかなくてはいけいな楽器なのです。できれば部屋の温度や湿度は一定に保つようにしたほうがいいのです。よくピアノを生きているといわれます。それは、温度や湿度、使い方によって音の狂いや鍵盤の動きが悪くなってしまうからです。使っているうちに壊れたかなと思っても、簡単に捨ててしまうような楽器ではないのです。ずっと大切に使うためには、調子が悪くなってきたかなという早い段階でピアノ修理をすることに尽きるのです。ピアノ修理と点検は、一年に一度することが理想的なのです。

ピアノ修理をしてずっと弾き続けるために

ピアノの音が悪くなった、鍵盤がおかしいなど気が付いた場合にはすぐにピアノ修理をすることです。そして、一年に一度はピアノ調律をしたほうがいいのです。ピアノ修理と調律の技術は、腕の優れた調律師に頼むことでどんなピアノでもよみがえらせることができるのです。ピアノ修理の業者の中には、無料で調査をしてくれるところもあります。どこが壊れているのか、どこを修理すればいいのかなどまず無料で調べてもらえるのです。この無料のサービスの時に、ピアノに対する思い入れや調律師として修理を頼んでも大丈夫かなど確認したほうがいいでしょう。ピアノは、優れた調律師に直してもらうことでずっと使い続けることができ、素敵な音色を出すことができるのです。