点検を行なう

弾けなくなる前に点検で安心感を

ピアノ修理は完全に動かなくなったり、音がおかしくなった時に依頼する印象があります。しかし、それ以前のほぼ正常な状態の時に点検してもらう事が可能です。自分では中々ピアノの中を分解して状態を確認する事は出来ません。変にいじってしまって破損してしまったり、閉じられなくなる不具合を生じさせると大変です。もしかすると、思った以上に傷みがあってそれを発見出来るかもしれません。中には鼠が巣を作っていたと言う事例もあります。まず、ピアノ修理と言うよりも点検目的で一度業者を呼んでみて下さい。そうする事で、素人では判断できない部分まで認識出来るので使い続ける事に安心感が生まれます。子どもに受け継いだり売る時にも自信を持てるようになるので、調律不要な場合でもサービスを受けて見るとよいでしょう。

調律だけでなく全体的な問題を幅広く修理

ピアノ修理と聞くと調律をイメージするのが一般的ですが、今のサービスはそれだけに限りません。原因を特定して最適なピアノ修理サービスを提供してくれています。まずは、ピアノの状況を確かめるために中身を調べます。摩耗・破損と言った物理的な不具合があればその修理を、汚れや虫を発見したらすぐに除去します。大きな問題が見られたり、部品交換が避けられない場合には別料金が掛かる事もあります。しかし、それだけ柔軟に対応してもらえると考えれば非常に嬉しい事です。丸ごと買い替えなくてはならないような状況でも、修理によって寿命を延ばす事が出来るかもしれないわけです。他にも、ちょっとした音の狂いや音量の調整等、細部に至るまで幅広くサポートしてもらえます。